即日融資(カードローン)からみる日本の台所事情

子ども手当等、地域振興券、に続き、即日で融資可能とアピールするカードローン・・・、国民に消費を促すのはいいことですが、これ以上借金を増やしていいのか?一緒に考えませんか?

即日融資してくれるカードローンを賢く利用する

コメントは受け付けていません。

カードローンと言えば、カードローン地獄などという言葉を連想する方も少なくないかと思いますが、実際社会人ともなれば大変利用できる便利なカードです。
私自身もカードと言われると少し怖いというイメージを抱いていましたが、実際カードを利用したり活用していると、とても便利なカードであると思いました。
まずはカードの作り方について知っておきたいものですが、思っているよりも随分と簡単で、簡単な審査の後、即日融資してくれるというのが一番のメリットとも言えます。

参考資料:即日融資についての法律

各社の金利引き下げ競争は、小数点での競争になっております。
平成18年の貸金業法改正により、金利は大幅に引き下げられました。
それまでは約29%という高金利で融資していた業者が、いきなり20%まで金利引き下げを迫られました。

※追記
(私のサイトでは法律まで深く言及はしません、興味がある方は私が見て良いサイトであると思った、参考サイトを下部に記載しておきますのでご覧ください)

手持ちの現金がないという場合や、急にまとまったお金が必要になった場合、本当にカードを持っていてよかったと思いました。
今までには、給料日前であるけれど、以前から欲しいと思っていたものが見つかり、それを購入するためにカードローンを使ったり、友人の結婚式の二次会に急に呼ばれたという時などに、急な出費がある場合に利用しました。
最近では、会社の同僚に飲みに誘われ、そういった時、手持ちのお金がないなんて事が言えず、利用した事がありました。
その上、返済もATMやコンビニエンスストアーから行う事ができますし、返済期日までに会社の近くのコンビニからお昼の休憩の間に返済する事ができ、返済期日に遅れたという事がなく、返済期日をしっかりと守る事で賢く便利に利用する事ができるわけです。
会社の同僚などは全員カードを持っていますし、社会人としてカードを持っていないと、いざという時に本当に困ってしまうという事があります。
私自身もカードを持っていなかった頃には、突然の出費に慌てたものですが、会社の先輩からカードローンについて教えてもらい、即日融資してくれて返済期日さえ守れば決して怖いものではないという事を教わりました。
そして返済期日の他に注意しなくてはいけない事として、返済計画をしっかり立てておくという事です。
返済計画というのは期日までに返せる見込みがあるかとい事なので、私の場合給料日前に利用する事によって、給料日の日にはきっちりと全額返済する事のできる金額しか融資を受けません。
自分が支払う事のできないような、支払う見込みがないような金額は借入してはいけないわけです。
それが返済計画のポイントとなります。

賢い利用をするには、返済計画のシミュレーションをして、返せるかどうかという事を考えた上で利用するという事が大切で、そうした賢い利用をする事で、大変便利に活用する事ができるいわば社会人の必須アイテムと言えます。

参考サイト
カードローンでの即日融資について
わかりやすく、内容も充実しているので参考になるサイトです。
このサイトを見れば基礎的な知識はばっちりかと思われます。